ガラス交換をするにはまず希望に適したガラスを選ぼう

たくさんの効果がある合わせガラスの特徴

紫外線の侵入を許すな~ガラス交換でUVケア~

窓から差し込む日光を防止

ガラス

通常の窓ガラスの場合には、日が差し込むと特に多くの紫外線も一緒に入り込んできます。窓から入った光は反射して部屋全体に入り込み、お気に入りの家具や床、カーペットなどを傷めてしまいます。この問題を解決するにはガラス交換をすることが最も効果的と言えます。優れた品質のガラスを使用するため、一度のガラス交換で半永久的に紫外線防止効果が得られます。

ガラス交換ならガラス屋へ相談

ガラス交換の前にまずは希望のガラスを選びましょう。ガラス屋さんでは様々なガラスを取り揃えているため、目的に合わせてガラスを選ぶことができます。そこでガラス屋さんで用意されているガラスについて見ていきましょう。


ガラス交換をしたいのですが、ガラス屋ではどんな種類の商品を用意しているんですか?それぞれの特徴を教えてください。
用意しているガラスの種類には、一般的な「透明ガラス」や、片面が凸凹している「くもりガラス」強度の高い「強化ガラス」二枚のガラスを樹脂膜で接着した「合わせガラス」など、豊富に取り揃えています。それぞれ厚みも選ぶことができます。
ガラス屋に用意されているガラスの種類が豊富なのはわかりましたが、中でも特に紫外線カットに役立つ種類はどれでしょうか?
紫外線防止に効果があるガラスは「合わせガラス」です。二枚のガラスを合わせて使っているため、一般的なガラスよりも割れにくいガラスです。そのため、防犯目的で使用されることが多いですが実は紫外線のカット効果もあります。

合わせガラスの紫外線カット効果

合わせガラスとは?

複数のガラス

合わせガラスは、二枚のフロートガラスを樹脂の膜で接着しています。一般的なガラスよりも強度が強いため割れにくく、万が一割れても破片が飛び散るのを防ぎます。そのため防犯性と安全性に優れています。さらに防音ガラスとしても使用されることがあります。

紫外線を防げる効果

防犯や防音、安全性など、様々な機能に優れている合わせガラスは、他にも3つの効果があります。それは、紫外線のカットと結露の防止、断熱・遮熱性能があります。二枚のガラスを合わせるだけでこのような様々な効果を得ることが出来ます。そのため合わせガラスは「エコガラス」や「複層ガラス」「ペアガラス」などとも呼ばれています。

紫外線防止が出来るフィルム~相乗効果がある~

ガラス交換と一緒にフィルム貼りも

  • 紫外線カットフィルム
  • 遮熱フィルム
  • UVカットフィルム
  • エコフィルム

ガラス交換を行う際には、さらにフィルムを張ることでより大きなメリットを得ることができます。通常のガラスに貼ると断熱や紫外線防止、結露防止などの効果があります。通常のガラスに貼ってそれぞれの効果を上げることができますが、合わせガラスなどに貼ると相乗効果によりさらに紫外線防止や断熱などの効果を上げることができます。さらにフィルムを張ることにより、地震によってガラスが飛散することを防ぎ、フィルムの濃さを変えるだけで部屋の中が見えないようにすることができます。

TOPボタン