ガラス交換だけでは不安という方はさらに窓に工夫をしましょう

たくさんの効果がある合わせガラスの特徴

合わせガラスとの合わせ技!UVカット効果のあるフィルム

フィルムでさらに紫外線カット

紫外線カットの目的でガラス交換をするには、合わせガラスを選ぶと大きくカットすることができます。しかしそれでも不安という人は、さらに紫外線をカットするシートを活用しましょう。紫外線をカットできるシートも2種類あるので紹介します。

自分で貼るシート
自分で貼ることができる窓用シートは水で簡単に貼り付けることができます。これを自分で簡単に貼るだけで紫外線は99%もカットすることができます。さらに、冷暖房の効きも良くなります。シートを貼っているため、万が一ガラスが割れても飛び散ることを防ぎます。
業者用フィルム
業者用フィルムは、自分で貼るシートと同じく99%の紫外線をカットすることができガラスが割れたときに飛び散ることも防ぎます。さらに赤外線を90%カットすることもでき、自分で貼るシートよりも断熱効果が高いです。

フィルムの耐用年数と費用

フィルム

自分で貼るシートは、耐用年数が約一年で170cm×180cmの大きさで約3,000円から5,000円のものをホームセンターで手に入れることができます。業者用のフィルムは、耐用年数が約10年と長く、その分170cm×180cmの大きさで45,000円から60,000円と値段は高くなります。

プロも推奨する紫外線カット効果抜群のグッズ~フィルム以外もある~

フィルムの弱点をカバーした商品

ケアも簡単だし、効果の持続時間も長い!(ガラス交換のプロ)

紫外線をカットするフィルムは、ずれてしまうと手間がかかる場合もあります。そこで便利なのが、UVカットスプレーです。専用のスプレーを窓ガラスに塗ることで紫外線を99%以上カットでき、フィルムと同じくらいの効果を得ることができます。毎月1回塗ることでの効果を持続させることができます。さらに、「シバタ化成 紫外線防止(UVプロテクト)ガラスコーティング剤 UV99.5」という商品もガラスに塗るだけで紫外線を99%カットすることが出来ます。スプレーと同じように月に1回塗ることで効果が持続します。

TOPボタン